AIポジショニングマップでアンケート分析

大量の自由記述アンケート分析
  • 選択式のアンケートと自由回答が入り混じった形式や、複数の自由回答も一度に分析
  • 複数の設問への回答を比較して、ポジショニングマップ化
  • ユーザーがレビューで付けている☆の数と自由回答を比較

 

大量のフリーアンサー(自由回答)アンケートを人工知能が素早く集計

AIポジショニングマップMr.DATAは、アンケート1件1件に対して、ネガポジ値(肯定表現・否定表現=ネガティブ・ポジティブ)を自動的に付与します。-3(すごく悪い)から+3(とても良い)までの7段階で評価するので、とくにネガティブな-3から見ていくことで、すぐに対応、改善すべき点を含む意見に素早く辿り着くことができます。
ネガポジの集計は、円グラフや棒グラフ、ヒートマップで画像として出力することができるので、レポートも素早く作成可能です。

深い分析がしやすいソフトウェア設計

グラフやヒートマップでデータを見て、気になる値を発見したら、すぐに生データを参照することができます。次々と仮説を立てながら、それを検証していくことができます。アンケートの結果から、気になる事象、新仮説の兆しが見えたら、外部のオープンデータでそれを検証してみましょう。無料ツール「つぶやき検索の達人」でつぶやきデータを取得することができます。

ポジショニングマップの作成

2軸の分析軸を自在に設定して、ポジショニングマップを作成することができます。熟考の末にやっと1枚手書きで描く従来のポジショニングマップではなく、様々に軸を変え、競合となるグループを様々に設定して、思考ツールとなるような「AIポジショニングマップ」です。
生成したポジショニングマップ例は、「AIポジショニングマップ Mr.DATAユーザ会」にてご確認いただけます。

類似検索で簡易分類

たとえば、「スマホの機能には満足しているが、デザインやカバーの種類に気に入ったものがない」という回答を集めたい場合、そのまま、この文章を検索することで、「スマホの機能には満足しているが、デザインやカバーの種類に気に入ったものがない」という簡易分類をすることができます。