AIポジショニングマップ Mr.DATA


顧客の声、ソーシャルメディア、営業日報等あらゆる自然テキストデータを、意味で自動分類し、経営判断の材料となる新仮説や知識を発見します。Mr.DATAは、5W1HメタデータAPIを新たに搭載し、AIの力で元データを高付加価値化。例えば以下のような機能と活用方法があります。

・Whereの自動抽出と分類:自由テキスト中から地名を抽出し、日本地図などマップ上に自動でプロットしたり、47都道府県やもっと大きな区分の8地方にまとめあげたりできます。

・Whenの自動抽出と加工:取り込んだデータのタイムスタンプを、指定のタイムスパンに置き換えて自動集計したりすることができます。

お客様相談窓口に寄せられた顧客の声(VoC)や、ソーシャルメディア等、外部評の蓄積はしているが、不定形テキストという解析し難い形であるが故に、分析しきれずに宝の持ち腐れとなってはいませんか。消費者の本音、競合製品との比較コメント、そして、次期新製品への期待などを抽出し、仮説を発見してその場で定量評価、検証できるツールとしては、単なる見える化が中心の製品では不十分でした。このため、今回の新製品の前身、ベースとなったVoC分析AIサーバでは、以下のような機能を追加しました。

↑類似検索を行っている場面。共通キーワードがハイライトされている。

  • 語句の意味分類:自動解析したテキスト中の語句の意味属性を、機械学習に基づいて分類します。
  • グラフ作成:相関グラフを作成。
  • 類似検索:データベース内に、あるテキスト文と類似するテキストデータが存在するか調べる。検索窓に元のテキスト文をコピペするだけで瞬時に存在の是非を確認でき、まさに「悪魔の証明」を実現する画期的な機能です。
  • 参照機能:各種チャート、ランキング中の注目箇所、数値をクリックして即座に生データを参照できます。
  • 高精度ネガポジ判定:-3から+3の7段階で、分類ごとのテキストデータのネガポジ度合いを高精度に比較します。

などを備え、意味解析を駆使した定性分析、定量分析可能としました。

FAQ一覧

活用例

ふるさと納税に関するツイート分析

失注理由分析

都知事選


他のサービス

あらゆる自然テキストデータを自動分類し、ポジショニングマップを自動で作成します。
2つのグループに様々な要素・存在が多数いるときに、最適なマッチングをご提供するソフトウェアです。
専門画像認識のための学習済ディープラーニング・システムをご提供します。
Webサイトに受付嬢を置き、わかりやすく商品を紹介できます。
欲しい検索ワードのツイートの全数取得をサポートをいたします。

Contact

弊社のサービス・APIについてお気軽にご連絡・ご相談ください

> お問い合わせはこちらから <