企業理念



ミッション

我々の使命は、セマンティック・テクノロジー、特に、自然言語からのメタデータ自動抽出と、メタデータ及びオントロジー活用によるデータ連携(マッシュアップ)で、顧客企業様の困りごとを解決することです。

我々の製品、サービスは、ホワイトカラーの情報加工業務の自動化を推進し、ユーザーが創造的な業務に注げる時間を増大させます。

これにより、顧客企業の利益増大に貢献します。

弊社について

メタデータ株式会社は、2005年12月にメタデータ活用技術、セマンティック技術の応用ソフトウェア会社として設立。適合型自然言語解析エンジン『メタパーザ』を駆使した意味解析技術により、5W1H抽出によるコンテンツ連携や個人情報の自動匿名化や、評判分析(ネガポジ・感情解析)、風評発見・監視ソリューション、Web対話ロボットなど、SaaS、クラウド向けアプリケーションを開発してまいりました。
最近では、機械学習、テキスト意味解析によるポジショニングマップ生成ソフトウェアや、多対多の全体最適マッチングエンジン、また、超高解像度医用画像の認識、分類をはじめとするディープラーニング(深層学習)応用システム、学習済人工知能を提供しています。

2015年3月11日、VoC分析AIサーバ(人工知能型"顧客の声"分析サーバ)により、本格的に人工知能型の応用システムでビジネスの精度向上にお役立ちする事業展開へと舵を切りました。ディープラーニングなど、いわゆる人工知能的なアルゴリズムに限らず、機械学習を人間の知識構造と親和性高く適用したり、グラフ理論の応用で、ソーシャルグラフのみならず、売買注文、人材と仕事のマッチング等にも適用して、人間技では不可能な大量のマッチング、全体最適をはかります。
従来からてがけてきた感情解析なども精度、カバレッジを向上させ、VoC分析を中心に、先端的な経営分析ニーズに応えるSaaSを提供してまいります。最先端を保つため、弊社科学者による分析サービス自体の提供も行ってまいります。

現在は、正解データ作りのためにこそAIを使う、AI for AI を提唱。データ整備・構造化・付加価値化にAIを使う製品・サービスに"Mr. Data"ブランドを冠しています。
5W1Hメタデータ自動抽出APIにより、例えば、テキスト中に「多度津町」という単語を認識して、「香川県」「四国地方」の上位地域属性を補完して日本地図ヒートマップを自動生成。また、メール本文中の人名から自社にとってのVIPを認識して読むのを促したり宛先違いの可能性を指摘できます。
意味カテゴリAPIを駆使し、記述の意味内容によって記事を分類して、機械学習用の正解分類データを安く速く高品質なものにすることができます。
ネガポジ・感情解析APIは、ポジショニングマップの分析軸に応じた消費者のセンチメントを均質に自動生成します。

深層学習で、少量データしかないときに、別データでトレーニングした結果を適用する転移学習を適切に駆使。また、プロトタイプ深層学習の出力を人間が目視確認し修正して新たな正解データとするUIツールも、当社"Mr. Data" 構想の一環です。

"Mr. Data"ブランドのAPI、ツール、アプリ、クラウドサービス、分析サービスのラインアップを今後とも拡充してまいります。