この猫何猫API


「この猫なに猫?」APIとは

「この猫なに猫?」APIは、呼び出し側アプリケーションからPOSTされた画像を読み取り、その猫が世界の猫約60種類のどれであるかを認識して言い当てます。 類似する猫の種類上位5種の名前を、確率値とともに、呼び出したアプリケーションに返します。

What Cat API tells cat breeds of an image. What Cat API knows approx 60 breeds of cats by Deep learning. What Cat API classifies everything as a cat and returns 5 cat breeds in order of similarity with probability value.

結果(返り値)のイメージ

以下の図は結果のイメージです。APIが画像を分析し、結果を返します。猫の名称とその猫になる確率値(上位5位)の例です。今後、Webアプリ版で提供中の様々な属性情報(原産、毛・・性格等)とともに返すオプションを提供する予定です。

「この猫なに猫?」APIの有用性

例えば、ネット上には何百万という猫の画像がアップロードされています。しかし、その猫の種類を一目で正確に識別することができる人は僅かでしょう。 しかしこのAPIを使えば、画像をアップロードするだけで、あっという間に猫の種類を知ることができます。 

また、「この猫なに猫?」APIは、猫以外の動物や、人の顔も解析することが可能です。 そのような画像の場合にも、科学的根拠に基づいてどの猫の種類に近いのかを回答します。 猫の種類を知ることができるという実用性に加え、このAPIを応用することによってゲーム性、ソーシャル要素を兼ね備えたサービスの構築も有望です。

技術説明およびご使用のご案内はこちらより


利用例


他のAPI

日本語のテキスト中に含まれている日時・地名・人名といったイベントのメタデータを抽出します。
雑然とした背景画像の中から猫を検出します。
画像に類似する猫の種類上位5種の名前とその確率値を、呼び出したアプリケーションに返します。
ソーシャルに流れる投稿の中から、人々の「したいこと」を検索します。
入力された特定の単語に対して、そこから連想される・関連度の高い単語のリストを提示します。
テキストデータ内に含まれる、わいせつ・誹謗中傷・犯罪・暴力等10ジャンルのNG表現を自動判断します。
10万以上の日本語語彙を、約1万種の意味カテゴリ―に区別して認識します。
文章を解析しスコアリングすることで、文章全体のネガポジ値(肯定的/否定的の度合い)を点数化します。
日本語文章を「好ましい―嫌い」「嬉しい―悲しい」「怒り―怖 れ」の3軸・6種の感情で解析します。