役員



役員紹介


代表取締役社長 野村直之
常務取締役 松田圭子
取締役(社外) 斎藤信男(慶應義塾大学名誉教授・W3C顧問)
小西直人

経営者の経歴・事業の従事実績等

経歴
1984 東京大学工学部卒業
1984-1996 NEC C&C研究所
1993-1994 マサチューセッツ工科大・人工知能研究所客員研究員、CICC近隣諸国機械翻訳プロジェクト兼務出向(1987-8)、EDR日本電子化辞書研究所出向(1991-2)
1997-2001 ジャストシステム開発本部
2001-2003 個人事業
法政大学エクステンションカレッジ・ディレクタ(IT実践講座担当)
2002 理学博士号取得(九州大学)
2002-2004 法政大学大学院ITPC兼任講師
2003-2005 (株)リコー ソフトウェアGlobal MOT担当
2004- 法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科・客員教授
2005- 慶應大学SFC研究所上席所員
メタデータ株式会社 代表取締役社長
2006-2008 同志社大学ビジネススクール兼任講師
2009- XMLコンソーシアム次世代Web活用部会リーダ
OSSコンソーシアム・ビジネスアプリケーション部会リーダ
ビジネスモデル学会KM研究会主査

著書・論文・学会
Conference Organizer: 1st NLP and XML Workshop (International Workshop on NLP & XML Program Committee): FIT2003; co-founded by: Prof. Dr. Chieko Nakabasami, Prof. Dr. Naoyuki Nomura 2nd, 3rd and 4th Int'l Workshop on NLP & XML, IOA05, KMDAP05, WM2005 基調講演等多数

所属学会
ACL(Association for Computational Linguistics), LSA(Linguistics Society of America), 情報処理学会、ビジネスモデル学会、電子情報通信学会英文論文誌査読委員。他10数の学会プログラム委員。

国内学会(情報処理学会&FIT等)座長
文書処理、自然言語処理、XML応用、画像データベース、ビジネスモデル、ナレッジマネジメントの分野で多数

国際学会
基調講演・座長:9回; ドイツKaiserslauternでのKeynote

標準化団体委員経験
XML Consortium Evangelist, W3C (World Wide Web) Consortium Advisory Committee委員, ITS (Internationalization Tag Set) WG委員, OASIS PSLX TC委員 (各種産業界の業務プロセス記述言語を開発する国際標準化団体)

賞罰(受賞歴)
情報処理学会平成元年度学術奨励賞(1989) 情報処理学会山下記念研究賞受賞(2002) 他AAAI-ICCBR 主催 Conference にて ICCA (Innovative Customer-centered Computer Application) 賞受賞 (2001);

著作
最強のAI活用術:日経BP社, 2017
人工知能が変える仕事の未来:日本経済新聞出版社,2016.
C. Fellbaum eds., G.A. Miller, Naoyuki Nomura et al.:WordNet, MIT Press,1998.